労力のいる改築でも、選んでいる時が楽しい

昔ながらの木造建築を全て取り壊して、家を改築することを決めました。
まず、どこのメーカーで改築を依頼するか悩み、住宅展示場に行って実際に見学することにしました。
展示場にはたくさんメーカーがあるので、自分がどういう建物にしたいのか決められなかったので、かなり見学したり、中には工場見学会や建物の見学会に出掛け、メーカー選びでまず疲れました。
その後、メーカーが決まると営業マンとの打ちあわせをなんども繰り返し、家の内装、間取り図、壁など色々と決めるのも大変でした。

改築ということで、一生に一度の買い物になると思ったので、妥協は許せない気持ちがあったので、メーカー選びの大変さ、営業マンとの大変さは予想以上でした。それでも、住宅展示場ではメーカーごとにお茶以外にもサービスがありました。
例えば、メーカーの入り口に、たこ焼きや焼きそば、かき氷、ポップコーン、ソフトクリームなど食べ物、他にも洗剤やサランラップや掃除道具など生活雑貨のプレゼントがあったりしたので、こういったサービスも広告を見てから出掛けたり楽しみにしてました。

改築にはかなり労力が必要だとわかりました。でも、住宅展示場では色々なサービスがあるので、楽しいところです。