新築注文住宅の理想と現実と妥協と納得

今年新築で建てるのですが、なかなか自分たちが理想としている間取りを作るのが大変でした。
キッチン、客間、リビングを一体化にもできて、わかることもできるようにしたくても、柱の位置が関係してきて、時間がかかりました。
廊下、キッチン、お風呂を一周回れるようにスペースを取ろうとするとより坪数が大きくなってしまって思った以上に値段が上がってしまいました。

そこでいろいろなハウスメーカーを回り、たくさん間取りを描いてもらいました。見積りも各社に出してもらいました。
そして、値段が私たちにあっているところのハウスメーカーでは、間取りが思ったようには出てこなくて、でも『できたら本日の夕方迄には返事が頂けたら…』と言われ、焦りました。でも、そのハウスメーカーの値段が1番あってたので、結局は違うハウスメーカーの間取りを出し、その通り作ってもらうように契約いたしました。
後々、その通り出来ないところもあり、妥協も致しました。

妥協なども大切ですが、人生最大の買い物ですから、納得の行くまでハウスメーカーを回り良いところを吸収し、自分たちにあうお値段のハウスメーカーにその事を伝え可能かどうかは常に確認した方がいいと思います。

新築注文住宅の理想と現実と妥協と納得」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。