建売物件も交渉次第で好みの家になるかも!

家を選ぶとき、子供が小さかったので、環境を一番に考えました。
駅から離れていましたが緑が多く、家の近くに公園があり、毎日連れて行くことができました。
家の裏が竹林で人目がなかったため、お風呂は、外を眺められるように作りました。
とても開放感があり明るくてリラックスできます。
みんなが集まるリビングは日当たりの良い二階にしました。
窓が多くて、掃除が大変ですが、晴れた日は冬場でもヒーターがいらないくらい暖かいです。

まず私たちがしたことは、建売の物件だったのを、建てる前に不動産屋さんに交渉して自分たちの希望を取り入れてもらうようにお願いしました。
そのため、料金はかなり割高になってしまいましたが、自分たちの好みに合う家が建てられたとおもいます。
大工さんが仕事をしているときは何度も見に行ってコミュニケーションを密に取るよう、心がけました。
また、お風呂のタイルなどもバスタイムを楽しめるように通常の仕様ではなく、好きなものをはめ込んでもらったので見るたびにしあわせな気持ちになります。

家は高い買い物です。
丁寧に大事に使っていきたい、と思えるような家にしたいですよね。
そのためには、 ここだけは譲れない、という、こだわりを持つことも必要だと思います。